パニック障害.com


パニック障害に関する情報をご紹介 パニック障害とは何か

■ パニック障害と広場不安

パニック障害には、パニック発作という強い症状が目立ちますが、それに伴い予期不安や広場恐怖というものも大きな症状とみなされています。広場恐怖とは、発作がおこるのではないかと思われる場所に行くことに恐怖を感じることであり、電車であったり特定の場所であったり、あるいは大勢の人がいる場所でもあったりします。広場と言う言葉は便宜上のもので、広場そのものを指しているということではありません。予期不安から引き起こされるもので、特にパニック発作が何回か起こると、その場所に行けなくなるということが起こるのです。

つまり、パニック発作から予期不安がひきおこされ、予期不安から広場恐怖となるといった関係性があるといっても良いでしょう。一度でもパニック発作が起こった場所ではやはり不安の対象になりますが、それに類似した場所、つまり電車であればバスもその対象となり得るし、エレベーターや車の中でさえも不安を感じることもあるようです。

また、発作が起きた場合にその場から逃げることが出来ないのではないかと考えられる場所にも恐怖を感じます。ある程度の時間拘束される歯医者さんや美容院といった場所も対象になることもあるようです。これは、人によってその違いはあるのですが、特定の場所に恐怖を感じるのであればパニック障害の広場不安として診断されるでしょう。

また、まれに広場不安が無くてもパニック症状や予期不安といたものは表れる場合もあります。もちろん、広場恐怖が無いからと言ってパニック障害ではないということにはならないので、何らかの症状が出ているのであれば、受診はしておいた方が良いでしょう。病院にも恐怖を感じるのであれば、信頼できる人に付き添ってもらうことをお勧めします。

■パニック障害克服法!口コミ人気ランキング!

1位パニック障害を自宅で改善するプログラム
パニック障害は完治させる為にある程度の時間をかけて治して頂くのが理想的です。完治まで90日間程度と考えて頂ければ心の負担無く実践できる・・・ >>>続きを読む

2位パニックヒーリングシークレット
毎日言いようのない不安と緊張感、息苦しさが続き、リストカットを繰り返していた女性が、今では薬物なしでパニック障害を克服しやっと昔の自分に・・・ >>>続きを読む

3位パニック障害を自己催眠で克服するプログラム
パニック障害は反射的にパニックになるようになってしまっています。頭ではなく、もっと深い部分、滞在意識(=無意識)を改善しないと、解決できません・・・ >>>続きを読む


▲ このページの上部へ