パニック障害.com


パニック障害に関する情報をご紹介 パニック障害とは何か

■ パニック障害と予期不安

パニック障害の症状のひとつに予期不安というものがあります。これは、パニック障害特有のパニック発作が起きてからの症状です。パニック発作が起きた後に、また同じようにパニック発作をおこすのではないかという不安が強くなりることで、パニック障害の中核的症状でもあります。この予期不安は、発作を繰り返すことによりさらに強まるという特徴もあり、最終的には生活に支障をきたしていまうということにもなりやすいものです。

また、パニック障害にはこの予期不安は必ず伴うものでもあり、診断の一つの目安ともなっているようです。予期不安の症状としては、パニック発作そのものに対する恐怖がまず第一にあります。これは当然のことなのですが、突然襲ってくる症状に対しての恐怖は相当なものがあるでしょう。これはかなり感覚的なもので、そこから発生する死んでしまうのではないか、といった2次的な恐怖を引き起こす原因ともなります。

また、この2次的な恐怖も予期症状の特徴の一つでもあります。死んでしまうかもしれない、といった他にも、何か悪い病気ではないかといったことや、誰も知っている人がいない場所で気を失ってしまうのではないか、あるいは車の運転中などにパニック発作が出てしまったら、事故を起こすのではないか、といったことです。

また、電車やエレベーターなどからすぐに脱出できない、逃げ出すことが出来ないのではないのか、他人に迷惑をかける、あるいは誰も助けてくれないのではないか、といったことも不安の材料になるのです。もしも、といった起きてはいないことに対しての不安がとても強くなり、いてもたってもいられなくなることもあるでしょう。予期不安はさらなる不安を煽り、悪循環ともなるのです。

■パニック障害克服法!口コミ人気ランキング!

1位パニック障害を自宅で改善するプログラム
パニック障害は完治させる為にある程度の時間をかけて治して頂くのが理想的です。完治まで90日間程度と考えて頂ければ心の負担無く実践できる・・・ >>>続きを読む

2位パニックヒーリングシークレット
毎日言いようのない不安と緊張感、息苦しさが続き、リストカットを繰り返していた女性が、今では薬物なしでパニック障害を克服しやっと昔の自分に・・・ >>>続きを読む

3位パニック障害を自己催眠で克服するプログラム
パニック障害は反射的にパニックになるようになってしまっています。頭ではなく、もっと深い部分、滞在意識(=無意識)を改善しないと、解決できません・・・ >>>続きを読む


▲ このページの上部へ