パニック障害.com


パニック障害に関する情報をご紹介 パニック障害を克服するには

■ パニック障害の特徴:1

パニック障害の特徴としての症状は、様々なものがあるのですが、それがいくつか同時に起こるというところにあります。例えば、 心悸亢進といって「しんきこうしん」と読むのですが、心臓がどきどきする感じ、あるいは心拍数が多くなる、または動きが激しくなるというものです。この心悸亢進というものが一番多く特徴として表れ、殆どの人が症状として訴えているようです。そして、発汗、つまり汗をかくということですが、寒い冬の日でまったく汗をかくような陽気ではないのに、動きが激しく冷や汗をかく、といったことです。また、のぼせにともなう発汗と言う場合もあるようです。

そして、身震いや手あるいは足が震えて止まらないという震えの症状もよくあります。呼吸が速くなり、息苦しさや窒息感などの呼吸器系の異常と思われる場合もあるでしょう。うまく吸ったり吐いたりすることが出来ず、呼吸困難になってしまうこともあります。さらに、胸部の不快感や痛みを感じる時には、心臓発作に似た症状になる場合もあるでしょう。

その他にも、腹部に痛みや不快さを感じ吐き気をもよおすといった、身体的な異常があります。それに伴い、めまいやふらつきといった全身で感じることもあるでしょう。ふっと頭が軽くなり貧血と思われるような症状が出る場合や、感覚的な非現実感におそわれる場合もあります。

自分が自分でないような感じがする、という言い方もよくされるようで、感覚異常と思われるようなことです。死んでしまうのではないか、自分が何をするのかわからない、といった精神的な症状として表れることもあるようです。これらの症状が一度にいくつか同時に起こるということ自体が、何かしらのストレスがあるということを表してもいるのです。

■パニック障害克服法!口コミ人気ランキング!

1位パニック障害を自宅で改善するプログラム
パニック障害は完治させる為にある程度の時間をかけて治して頂くのが理想的です。完治まで90日間程度と考えて頂ければ心の負担無く実践できる・・・ >>>続きを読む

2位パニックヒーリングシークレット
毎日言いようのない不安と緊張感、息苦しさが続き、リストカットを繰り返していた女性が、今では薬物なしでパニック障害を克服しやっと昔の自分に・・・ >>>続きを読む

3位パニック障害を自己催眠で克服するプログラム
パニック障害は反射的にパニックになるようになってしまっています。頭ではなく、もっと深い部分、滞在意識(=無意識)を改善しないと、解決できません・・・ >>>続きを読む


▲ このページの上部へ