パニック障害.com


パニック障害に関する情報をご紹介 パニック障害を克服するには

■ パニック障害とカウンセリング

パニック障害を治療する際に、心理療法としてカウンセリングも有効です。心理カウンセリングとも言われてもいるのですが、基本的には対話をすることです。対話を行うことで自分自身で気がついていないようなパニック障害の原因ともなっている言葉に出来ない不安を明らかにすることを目的としています。

なぜパニック発作が起こるのか、といったことを考えていくと、もちろん身体的な不具合といったこともあるのですが、やはりそこには何かしらの不安や恐怖が隠されているものです。普段、心の無意識の部分でストレスを抱えてしまっていたとしたら、表に出すことが出来ません。その無意識あるいは潜在意識のストレスが、パニック発作という形であらわれたものがパニック障害であるとも言われているのです。

これは、不安や恐怖といったものを抑圧しているということでもあり、表面上つまり意識には上がってこない、言いかえれば表に出すことが出来ない場合に、不安や恐怖を抑えつけてしまっているということなのです。カウンセリングにより、この不安や恐怖の原因となるものを洗い出し意識的に感じることで、向き合っていくことが出来、その結果として、心の底からの理解を深めてパニック障害を克服することが出来るのです。

パニック障害などの心的な病気には、この心理カウンセリング療法というものはとても有効です。何らかの心に作ってしまったストッパーは、やはり自分の手で外す以外には無い、ということでもあるのです。カウンセリングはあくまでも対話であり、その対話の中で、自らの気づきを促すことを目的としているので、良い悪いやこうあるべきだといった判断を下すのではなく、本来の自分を見つめることが大切でもあるでしょう。

■パニック障害克服法!口コミ人気ランキング!

1位パニック障害を自宅で改善するプログラム
パニック障害は完治させる為にある程度の時間をかけて治して頂くのが理想的です。完治まで90日間程度と考えて頂ければ心の負担無く実践できる・・・ >>>続きを読む

2位パニックヒーリングシークレット
毎日言いようのない不安と緊張感、息苦しさが続き、リストカットを繰り返していた女性が、今では薬物なしでパニック障害を克服しやっと昔の自分に・・・ >>>続きを読む

3位パニック障害を自己催眠で克服するプログラム
パニック障害は反射的にパニックになるようになってしまっています。頭ではなく、もっと深い部分、滞在意識(=無意識)を改善しないと、解決できません・・・ >>>続きを読む


▲ このページの上部へ